薬液の調製 - 準備

【毎日(1日1回)行ってください。】


準備するもの

準備するもの

感染を防ぐためには清潔な環境で作業をすることが重要です。
薬液を調製するときはできる限り個室で行いましょう。さらに、日頃からまめに掃除をしておきましょう。 また作業時には、ほこりが立たないように空調を止めておくこと、ペットが入ってこないようにしておくこと、なども感染を防ぐ方法です。
エポプロステノール静注用「ACT」と専用溶解用液は、調製する薬液の濃度によって用意するバイアル本数が変わります。主治医の指示通りに必要本数を用意してください。

エポプロステノール静注用「ACT」には0.5mg(青いラべル)と1.5mg(赤いラべル)の2種類があります。調製の際は必ずバイアルの色と表示を確認してください。



手順

ムービーによる作業解説はこちら