薬液の入ったカセットをポンプに装着する

①ポンプに薬液の入った新しいカセットを取り付ける

1)これから使用するポンプについている保護カバーをはずします。コインでカセットロックの溝を時計回りに90度回すとはずれます。

2)薬液が入ったカセットをポンプの底面に合わせ、カセットのツメをかけて取り付けます。

3)カセットロックの溝にコインを差し込み、時計の反対回りに90度回して固定します。 注)ロックボタンの溝の向きがテーブルに対して垂直となっていることを確認します。 注)薬液の漏れや血液の逆流の原因になるので、カセットの取り付けを十分に確認してください。カセット交換時は、併せてポンプも交換します。ポンプは、あらかじめプログラムを設定しておき、すぐに使用できる状態にしておいてください。設定内容はスクロールキーで順次確認できます。


②ポンプをスタートさせる準備をする

ポンプの電源を入れ、設定した内容を確認してください。


③チューブ内の空気抜き(プライミング)を行なう

1)カセットのクランプを開け、接続部に付けた赤いキャップをはずして薬液が通るようにします。

2)ポンプの「プライム」キーを押し続けて、「 プライム —- —- —-」を表示させてください。
3本の棒が出るまで「プライム」キーを押し続けます。

3)いったん手を離して再度「プライム」キーを押すと、ポンプから薬液が早送りされます。薬液がカセットのチューブの先端から出てくるまで「プライム」キーを繰り返し押してください。
薬液は紙コップなどで受けてください。

4)薬液が出てきたら、「停止/作動」キーを押します。これでプライミング終了です。カセットのクランプを閉じてチューブの先端を新しいアルコール綿の上に置いてください(さらに上からアルコール綿をかぶせても良いです)。 注)薬液が手に付いた時は、すぐに水で洗い流してください。


新しいポンプの準備ができました。


ムービーによる作業解説はこちら