在宅持続静注療法の基礎知識 - 在宅治療を始めるまでの流れ

在宅でエポプロステノール静注用「ACT」の持続静注療法を始めるまでには次のステップが必要です。

主治医と患者さまおよび患者さまご家族等の介護者との話し合い

十分理解した上で、エポプロステノール治療を強く希望

エポプロステノール治療開始
(入院し、カテーテル留置術を受ける)

疾患の理解、薬液の調製と投与方法、携帯型精密輸液ポンプの操作方法、
その他の作業(消毒等)の練習・習得

エポプロステノール持続静注療法の自己管理が十分可能、
かつ在宅療法が可能であると主治医が判断

退院

在宅にてエポプロステノール持続静注療法を開始

*退院後も定期的な通院が必要です。なお、通院の頻度は病状により異なります。