エポプロステノール静注用「ACT」をご使用の皆さまへ


「肺高血圧症インフォ(患者さま、ご家族の皆さまへ)」は、患者さまやご家族の皆さまに肺高血圧症の疾患情報やエポプロステノール持続静注療法の情報などをご紹介するサイトです。あなたは肺高血圧症の診断を受け、エポプロステノール静注用「ACT」を投与されている、またはエポプロステノール静注用「ACT」の投与を受ける予定がある患者さんならびにご家族の方ですか?



は いいいえ



※「いいえ」を選択すると、疾患啓発サイト「Produce A Hope」に移動します。

エポプロステノール静注用「ACT」の調製について

専用溶解用液(生理食塩液)に溶かしたエポプロステノール静注用「ACT」を
こぼしてしまいました。どうすればよいですか?

素手で触らないように、拭き取ってください。

エポプロステノールは強いアルカリ性の薬剤なので、素手で触らないよう拭き取ってください。 もし皮膚についた場合には薬液をすぐに拭き取り、石鹸を使って洗い、流水でよく流してください。
なお、この強いアルカリ性の薬剤が体の中へ入っても、たくさんの血液が流れている太い血管から、ほんの少しずつ入っていくので心配はありません。

よくあるご質問 一覧へ戻る

よくあるご質問

薬剤と衛生材料について

エポプロステノール静注用「ACT」の調整について

カテーテル管理について

保存について

皮膚トラブルについて

日常生活について

その他