エポプロステノール静注用「ACT」をご使用の皆さまへ


「肺高血圧症インフォ(患者さま、ご家族の皆さまへ)」は、患者さまやご家族の皆さまに肺高血圧症の疾患情報やエポプロステノール持続静注療法の情報などをご紹介するサイトです。あなたは肺高血圧症の診断を受け、エポプロステノール静注用「ACT」を投与されている、またはエポプロステノール静注用「ACT」の投与を受ける予定がある患者さんならびにご家族の方ですか?



は いいいえ



※「いいえ」を選択すると、疾患啓発サイト「Produce A Hope」に移動します。

ポンプを交換する

①カテーテルのクランプを閉じる

カテーテルのクランプを閉じます。
これを行わないと薬液や血液が逆流しますので必ず行ってください。



②使用していたフィルター付延長チューブをカテーテルからはずす

1)接続部を回転させて、使用中のフィルター付延長チューブをはずします。この時、はずしたポンプから出てくる薬液は紙コップなどで受けてください。

2)カテーテルと、新しい薬液の入ったカセットがついたフィルター付延長チューブの先端部分をしっかり消毒します。



③カテーテルと新しいフィルター付延長チューブを接続する

カテーテルの先端をしっかり消毒して、新しいフィルター付延長チューブの先端を回転させて接続します。 注)空気が入らないように注意して接続してください。



④ポンプ、カテーテル、延長チューブのクランプを開ける

3ヵ所のクランプをすべて開けます。



⑤ポンプを始動する

1)「停止/作動」キーを長押しします。「スタート— — —」から「スタート」になるとポンプが動き始めます。

2)設定した各数値が表示されますので、再度確認してください。



⑥使用していたポンプを停止する

1)今まで使用していたポンプの「停止/作動」キーを長押しします。

2)「ストップ — — —」の表示の後に「ストップ」の文字が表示され、ポンプが停止します。



⑦持ち運び用バッグにセットする

カセット付ポンプを持ち運び用バッグにセットします。 注)薬液の携帯中に気温が30℃を超えることが予測される場合は、薬液を冷却するためのアイスパックを必す持ち運び用バッグに入れてください。



ムービーによる作業解説はこちら